> キッチンをニトリにした経緯 | ハコニワハウス

キッチンをニトリにした経緯

キッチンについては、うちはニトリのシステムキッチンにしました。

ニトリのシステムキッチンは、リフォームがメインで、新築でつける人はあまりいないようです。

うちがなぜニトリにしたのか、実際の使い勝手等について、今回はお話しします。

↑公式サイトから予約するより、お得なことが多いのでオススメです!

なぜニトリにしたのか

工務店で見積をとると、キッチンは680,280円になるとのことでした。(LIXILキッチンアレスタ21 I型2250)食洗器等のオプションをつければ、もっと高くなると思います。

キッチンは夫がDIYで作ると言っていました。

夫

自分で作れば安いでしょ

…が、IHや食洗器など、なるべく安いのを探して、自分で作ったとしても、そう安くはならないという計算になりました。(自分で作っても最低20万くらいはかかる計算)

床や壁、建具、外構…DIYでやらなければいけないことはたくさんあるので、キッチンのDIYはやめよう、ということになりました。

工務店の見積より安いキッチンを探していたところ、IKEAかニトリということになりました。

(他のシステムキッチンだと、最終的にいくらになるのかは、よくわからないので)

IKEAの商品も検討しましたが、たくさん商品が出ていて、どれとどれを組み合わせたら良いのかわからないですし、意外と高くなると思いました。

ニトリのキッチンは、ホームページで簡単に細かい見積がとれて、金額に関しては明朗会計でした。

工務店の見積よりも安くできそうなので、ニトリに決めました。

安いキッチンの形

ニトリのシステムキッチンの「かんたんお見積もり」のページで、実際に見てもらうとわかりやすいのですが、キッチンはI型壁付で、短い方が一番安いです。

L型やアイランドは高くなります。

DIYで作っていたら、申請関係が大変だったはず…

これは後で気づいたのですが、登記の関係は、キッチンがついてないと、できない可能性があります。

うちの場合、ニトリの納期が遅く、キッチン設置が3月中旬になってしまって、登記ができない、住宅ローンも下りない、という事態になってしまったのですが、なんとかキッチンがついてなくても登記できました。

ニトリの販売担当の対応は微妙…

ニトリの担当者さんとは、メールや電話でやり取りしていましたが、レスポンスが非常に遅かったです。

この日までに手続きしないと値上がりする、というので、こちらは焦っていましたが、一向に連絡がこない。電話をかけてもなかなか繋がらない。

ビジネスマンでこういう人、初めて見た…

あと、3万円ほど高いセレクトプランを進められました。

どうやら、引き出しの戸車がドイツ製の良いものらしかったんですが、それに3万は高いので、断りました。

「一軒家ですので、グレードが…」と言われたけど、もともとDIYで作る予定だったくらいだから、グレードとか全然気にしてないし…

実物を見ようと、ショールームに行こうかとも思いましたが、ちょっと遠いのでやめました。

組立、設置は誰がやる?

ニトリにすると決めた時、組立、設置は夫がすると言っていました。

ただ、ニトリの担当さん曰く、組立が結構大変で、実際にDIYでされた方は、そこで難儀されたとのことで、11,000円だったので、組立はしてもらうことになりました。

設置については、詳しい図面を夫に見せると、

夫

このタイプの水栓はわからない…

とのことで、設置も業者にお願いすることに。

工務店に伝えると、「傷がついたりすると大変なので、ニトリの取付業者に取り付けてもらってください」と言われたので、ニトリの業者に取り付けてもらうことになりました。

家を建てると、たくさんの業者が一緒に作業していくので、お互い責任の区分など、色々と大変で、面倒くさいんだよね…。

ちなみに、キッチンの施工をする時は、床のクッションフロアをまだ貼ってなかったので、夫が

夫

水漏れしたら大変だから、キッチンの部分だけでもクッションフロアを貼っておく!

と言っていましたが、私が工務店に聞くと、キッチンの設置時にクッションフロアを貼らないのは普通なので大丈夫とのことでした。

実際にかかった金額

食洗器、IHをつけて432,694円。

支払いはニトリの店舗に行って払う形でした。

ニトリのポイントもたまります。(私はそのポイントでラグを買いました)

設置工事は154,900円でした。(こちらは銀行振り込みでした)

合わせて587,594円。

工務店のLIXILより10万は安くなった!

DIY

キッチンパネルの代わりにDIYでタイルを貼りました。

照明は、工務店とニトリの取付業者に頼んで、配線を吊戸棚の中に出してほしいと頼んでおいて、DIYで取付ました。(夫は電気工事士の資格を持っています)

実際、使ってみて

特に不満はないです。

引き出しの戸車も壊れそうな感じはないです。

引っ越してすぐの時は、

白だと天板の汚れが目立つかなぁ…

失敗したかも…

と思いましたが、メラミンスポンジでこすれば、だいたいの汚れは落ちますし、もし黄ばんだりしても、タイルを貼れば良いと思いました。

食洗器はつけましたが、週1回、使うか使わないかの状態。

スポンジって、汚いらしいから、あまり手洗いはしたくないんだよね…

でも電気代が気になるから、天気の良い日の昼間に汚れ物ためて使うくらい。

私は食器洗いは嫌いではないんです。

太陽光パネルの電気代買い取りが無くなったら、蓄電池をつけようかと思っているので、電気が有り余るほどあるのだったら、もっと使用頻度は増えると思います。

ただ、この食洗器は少し汚れが残る時もあります。(リンナイのRKW-405cという商品)

夫

あまり食洗器使わないんだったら、収納の方がよかったな…

IHは初めて使って、最初は

お湯沸かすの時間かかる…。

野菜炒め生焼け…

と感じたのですが、使う鍋やフライパンの材質にもよるようです。

その後IHがOKの物を買ったので、大丈夫でした。

レンジフードもフィルターレスで、快適です。

まとめ

ニトリのシステムキッチンの「かんたんお見積もり」ページで、簡単に詳細な見積がとれるので、工務店のシステムキッチンよりも安くなれば、ニトリにするのも、アリだと思います。

著者
ハコニワ チルタ

ローコストを目指し、東京の山の入口にハーフビルドで家を新築。
2023年4月からDIYをしながら暮らしています。
建設会社でCADオペレーターとして勤務。
週3日テレワーク、2日都心の会社へ出社するハイブリッド生活。
保育園と小学校低学年2児と、20歳年上の夫と暮らしています。
詳しいプロフィール

DIY家を建てるまで